嫁ニ―が作ったアンダギーミックス

 

 

「月曜から夜更かし」で大人気の嫁ニ―こと、平 良司さんとサーターアンダギーミックス粉で有名な「沖縄製粉」さんとのタイアップ商品、

黒い塩ココア アンダギーミックス

 

 

嫁ニ―1

 

卵と油を用意するだけで簡単にアンダギーを作ることが出来るアンダギーミックスです。

 

 

嫁ニ―2

公式オンラインショップで購入することが出来ます。

楽天市場やアマゾンなどでも買えますよ。

2021年1月に家で簡単に作れるように商品化された商品です。

嫁ニ―の独特なイラストと顔もプリントされててインパクト大です。

 

 

 

アンダギーとは?

 

サーターアンダギーとは、沖縄県の郷土菓子で琉球国時代に中国から伝わったボール状の揚げ菓子です。

首里方言で

サーター・・・砂糖

アンダ・・・油

アギ・・・揚げ

という意味だそうです。

標準語では「砂糖天ぷら」と呼ぶこともあるようです。

 

揚げるうちにパクッと割れ目が出来ることから「まるで笑っているみたい」と『開口笑』と呼び、

沖縄では”花が咲く”と縁起のいいものとされ、ウェディンングやお祝いごとにかかせないもの。

 

 

作り方

 

 

 

嫁ニ―3

 

 

嫁ニ―のイラスト入りで作り方がパッケージの裏側に載ってます。

 

〈材料〉約10個分

  • 本品1袋(300g)
  • 卵 Mサイズ2個(100g)
  • サラダ油 大さじ1杯(10g)
  • 揚げ油 適量

 

粉や砂糖を量らなくていいのでとっても楽です。

 

 

嫁ニ―4

 

 

 

原材料は、

小麦粉(国内製造)、砂糖、ココアパウダー、脱脂粉乳、粉末油脂、食塩(沖縄県産)/着色料(炭末)、ベーキングパウダー、香料、カゼインNa、乳化剤(大豆由来)、酸化防止剤(トコフェロール)

で、黒い理由は炭が配合されてるからです。

 

 

 

  1. 卵を2個ときほぐす。
  2. 1に本品を加えて混ぜサラダ油を軽く混ぜる。
  3. 生地を30分寝かせる。
  4. ピンポン玉の大きさ(約40g)に丸めて140~150℃の揚げ油にそっと入れる。
  5. 浮き上がってきたら、菜箸で転がしながら8分ほどあげる。(竹串で刺して生地がつかなければOK)

 

 

私は、サラダ油の代わりにオリーブオイルを使いました。

 

ミックス粉をボウルに出した時からほんのり甘い香りがします。

 

 

 

作り方には、

「手にサラダ油をなじませて丸める」

とあるのですが、面倒くさがりの我が家は、2本のスプーンで適当です(^^;)

 

 

 

嫁ニ―5

角が生えてるのは14歳の作品で、なんか名前つけて揚がるまで大事に育ててました^^

もうこの時点でキッチンは甘いいい香りに包まれます♪

 

 

いつもサーターアンダギーを作る時は、きつね色を目安にしてるんですが

これは真っ黒なので焦がさないよう注意が必要です。

 

 

 

嫁ニ―6

 

適当にやったわりにはちゃんとパカッとなってくれたので、ホント誰でも簡単に作れるアンダギーだなと思いました。

 

 

 

嫁ニ―7

 

 

外はサクサク、中はもちもちでとても美味しく止まらなくなります。

 

 

嫁ニ―8

 

 

 

3歳の甥っ子もめちゃくちゃ頬張って美味しそうに噛り付いて、夜ご飯が食べられないくらいバクバク食べてました。

 

 

3歳の甥っ子もお手伝いしてくれて、楽しいひと時でした。

小さい子でも混ぜるだけなので作りやすいなと思いました。

月曜から夜更かしを毎週録画してるほどのヘビーウォッチャーな私、

食べてる時、嫁ニ―のあの優しい笑顔が浮かんでより美味しかったです(^^)

 

 

話題性もあるし作り方も簡単なので手土産のいいなと思いました。

 

 

 

 

こちらから購入できます。

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です