アンティアン クイーン オブ ソープ ラベンダーハニー

 

 

 

お肌への優しさを求めてこだわった麻布十番の手作り石鹸専門店・アンティアンの最高級手作り石鹸「クイーン」シリーズ

 

 

アンティアン1

 

unTiens アン・ティアン

 

アンティアン5

 

プロバンス産有機栽培無農薬ラベンダーを使用したアンティアンNo.1の石鹸で、23万個も売れてる商品です。

しっとりタイプになります。

ラベンダーハニーは王様のブランチなどに出演するLⅰLⅰCoさんもオススメしてる商品です。

 

 

 

 

 

アンティアンとは?

 

 

天然植物油脂を主原料として化学物質合成界面活性剤・防腐剤・人工香料)を使わずに敏感肌、お肌が弱い方、キッズからシニアまで使えるお肌に優しい石鹸を作っているブランドです。

創作者(男性)が「そうだ!自分で石鹸を作ってみよう!」と思い立って作ったのが始まりで4年間の試行錯誤と自身の皮膚の反応を見ながら出来上がったもので、

古代ローマで石鹸がこの世に偶然生まれたときと同じコールドプロセス製法で作っている石鹸です。

健康な肌はもちろん、頭皮まで洗えるスキンケア製品です。

 

 

 

 

クイーンシリーズ

 

 

このクイーンシリーズは、

メイク落とし

毛穴のお掃除

お肌の保湿をしてくれる石鹸で、

厳選した素材を世界中から集め、人の手間と28日に及ぶ時間を贅沢にたっぷりとかけた洗顔石鹸の女王なのです。

 

 

 

 

 

優しさのために

 

お肌の優しさのため、

  • 合成界面活性剤、防腐剤、人工香料を使わず無添加で作る
  • お肌を洗浄により清潔にする
  • お肌に潤いを
  • お肌を整える
  • お肌を保護する
  • 植物の力を借りる

 

環境への優しさのため、

アンティアンの石鹸は、24時間で水・二酸化炭素・石鹸カスに分解され、石鹸カスは有益バクテリアのエサとなりほぼ完全分解され、環境のために貢献しています。

 

 

コールドプロセス製法

 

 

さきほど少し触れたコールドプロセス製法は、古代ローマで石鹸がこの世に偶然に生まれたときと同じ製法で、

原料の天然植物油を人工的に加熱し「けん化」を早めることしないで、

けん化の過程で自然に出来上がった保湿成分「グリセリン」もそのまま残し、原料の天然植物油がお肌の保湿のために10%程度そのまま残った石鹸のことで、

✔洗浄力

✔保湿力

を兼ね備えながらもお肌に優しい優れた石鹸ができるのです。

そのため、28日~40日かかってしまうのです。

 

※けん化とは、油脂を加水分解して、グリセロールと高級脂肪酸に分解する反応のことです。

 

 

〈コールドプロセス製法〉

  1. 石鹸は、油とアルカリを混ぜあわせてつくります。良質の植物油にアルカリの苛性ソーダ水を流し込む。
  2. 30分ほど撹拌し保湿。時々、撹拌しながら数時間寝かせる。
  3. マヨネーズ程度の固さになったら、天然植物の精油を加え、さらに石鹸の種類によっては蜂蜜など肌によい成分を加えながらさらに撹拌。
  4. 型に流し込み、24時間保温。油とアルカリが反応して自然に熱が生まれ、石鹸へと固形化していきます。この反応を「鹸化」といいます。
  5. 鹸化が終わり、固まったら型から取り出し、乾燥。さらに固くなったら切り分け1ヶ月乾燥・熟成。植物油を約10%残し、残りの植物油、苛性ソーダは全て石鹸に変化。そしてやっとでき上がり、皆様のお手元へ。

ホームページにはわかりやすく写真が載ってます^^

 

 

 

成分

 

精製水、オリーブ油、スィートアーモンド油、パーム油、ココナッツ油、苛性ソーダ、ホホバ油、ラベンダー油、はちみつ

 

とってもシンプルな成分で出来てます^^

 

✔世界でもっともラベンダー栽培に適した場所として知られてる南フランス・プロバンス無農薬・有機栽培のラベンダー使用

南フランス・プロバンスのラベンダー畑から集めた保湿・美白効果に優れたハチミツ使用

人の皮脂に近い成分・オレイン酸保湿成分・スクワレンをとても多く含むイタリアのオリーブオイル使用

お肌の皮脂を自然に整え保護膜を作ってくれる無農薬有機栽培のホホバオイル使用

 

 

 

実際使ってみました。

 

 

 

アンティアン3

 

真空パックに入ってて開けると大好きなラベンダーの香りが広がります。

有機栽培で高価な成分をギュッと凝縮しているから40gが小さくちょっとお高いなという印象(^^;)

 

使い方として、2種類あって

1.アンティアンが推奨する泡立てない使い方

2.泡立てネットなどで泡立てる使い方

 

まず1のアンティアンの推奨する使い方は、

顔を濡らし、石鹸を手の中に伸ばし溶けだしたヌルヌルとした石鹸成分そのものを顔に何度も塗るような感覚で洗顔する

 

 

 

 

アンティアン2

 

ホントにぬるっとしてちょっと始め抵抗がありました

そして、泡立てないで洗って気持ち的に洗ったと感じるのか、メイクが本当に落ちるのか、もう半信半疑でした。笑

アンティアンさん、ごめんなさい~

 

 

何度かついクセで泡立てネットを使ってしまいましたが、

クレンジングオイルでメイクを落としてる感覚に近くてW洗顔不要のクレンジングしてる感じです。

 

 

 

 

2の泡立てネット使用は、普段の洗顔フォームなどと同様に泡立てネットにこすりつけて泡立て洗顔する

 

 

アンティアン4

 

かなり緩めの泡なのですが、発泡剤が入ってないのになんでこんなに泡立つのか不思議です。

濃厚な濃密なもちもち泡が好きな私、緩めの泡なので洗った感があんまりなかったです。

 

 

 

アンティアン推奨の洗い方のほうが、洗い流したときにキュッてお皿をこすった時みたいなスッキリさがありました!

洗い流した途端、今までのラベンダーのいい香りは何処へ?ってなります。

 

 

乾燥肌の私には若干、頬の乾燥が気になりました。

もう少し暖かくなると乾燥も気にならなくなるので、夏向きの石鹸かなと思いました。

敏感になってる目周りや口周り、花粉症で鼻かんでヒリヒリする鼻下など、特にピリピリしたりとかっていう問題はなかったです☆

 

 

頭皮にこすりつけて洗ってみたんですが、ちょっと贅沢でもったいないと思ってしまい1回だけしかしていないからか特にコレと言って変化はなかったです。

これだけいい成分で作られると貧乏性の私には身体を洗う勇気がでず(^^;)

 

石鹸が肌に残りそうと不安があったんですがその心配はスッキリ解消、全然残ってる感ありませんでした。

 

 

 

香りもパッケージも可愛くておしゃれなので、プレゼントにあげる、もらうような石鹸だなと思いました。

 

 

 

 

 

麻布十番の手作り洗顔石鹸専門店アンティアン

手作り洗顔石鹸 アンティアンファンサイト参加中

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です